About

ichirin original candlesについて

ichirin original candlesは、ハンドメイドのオリジナルキャンドルをご紹介しております。
同じ色、同じ燃え方のキャンドルは2つとなく、全て一点ものの為、気泡の入り方なども手作りならではの味としてご了承下さい。

 

キャンドルについて

フレグランスキャンドル・ボタニカルキャンドルの使い方

芯の向きや置く場所、風のあるところでは溶け方にムラがでることがあります。
火を灯す際は必ず受皿を使用し、水平に置き、目の届く場所で灯して下さい。

 

短時間での使用は芯の寿命が縮み、次に使用するときに火がうまくつかなくなりますので、 2時間程度は付け続けて下さい。
火を消す時はキャンドル用の火消しを使用するか、周りに溜まっている液状のロウに、ピンセットなどで芯を付けて消し、 固まる前に再び起こしてあげると、ススが出ずに消すことができます。

 

香りは時が経つと徐々に薄れていきます。
長持ちさせるには、蓋付の容器などに入れて保管すると、より香りを楽しむことができます。
香りがなくなったら、火を灯し、溶けたロウが表面に丸く溜まったときに一度消し、お手持ちのエッセンシャルオイルや香水を2、3滴垂らして再び火を灯すとお好みの香りを楽しむこともできます。

 

※フレグランスキャンドルは香りを長く楽しむことができるため、香料をワックスに混合し、さらに表面にもコーティングしております。届いた時に、多少ベタつきがあることがございますが、空気に触れさせるとベタつきはなくなりますのでご了承下さい。

 

ランタンキャンドルの使い方

ランタンキャンドルは中が空洞に作られているため、中にティーライトキャンドルを入れて使用することで繰り返し楽しむことができます。

 

専用のパラフィンワックスとパルバックス、染料を使用して作っております。
ティーライトキャンドルはランタンの中心部に置くようにしてください。

 

底に少量の水を入れてからの使用、またはティーライトキャンドルを小さめのグラスに入れてからのご使用をおすすめします。

 

燃焼後はティーライトキャンドルのロウがランタンにこぼれない様、固まってから取り出してください。
芯の向きや置く場所、風のあるところでは溶け方にムラがでることがありますので、必ず目の届く場所で灯して下さい。

 

ランタンキャンドルは通常のキャンドルよりも融点の高いワックスを使用しているため、ランタン部分のロウが溶けないように作られています。
しかし、ティーライトキャンドルの置く位置によっては溶け出してしまうこともありますので、ご注意下さい。